投資運用

60歳からの投資で気をつけたい4つのポイント

60歳になって収入がなくなり年金生活が現実問題となって目の前にきたとき、貯金が足りない・年金が少ないという不安が一気に押し寄せてきます。

そこで今ある資金をふやすために投資に興味を持ち始めるのは、ごく自然な流れです。

しかし投資と言っても収入がある若いときとは、条件がまったく違います。

そこで60歳から始める投資において気をつけていただきたいことを4つご紹介していきたいと思います。

こんなことで悩んでいる方

・退職金をもらったばかりの方
・いままであまり投資をしたことのない方
・年金生活に不安がある方
・老後資金に不安がある方

60歳からの投資で気をつけたい4つのポイント

60歳になって無事定年退職を迎えられてほっと一安心といったところですが、すぐに現実問題として年金生活が始まるまでの無収入期間をどのように乗り越えていくか、また今まで頑張って貯金をした金額で過ごすことができるのか不安がかけめぐります。

そこで視野に入るのが投資ということですが、さまざまな情報をもとに検討されると思いますがちょっと待ってください。

若いときにされる投資の仕方と60歳からの投資では違いがあります。

気をつけたい4つのポイント

・退職金を投資に回すのは危険
・株ハイリスク・ハイリターンに手をだす
・短期間でもうけたいという焦り
・証券会社の人に任せきりになる

退職金というまとまった金額があったり、いますぐに結果を出していきたいという年齢のことなどは、60歳から投資を始めるにあたって注意をしていかなければならない重要な事がらです。

それではどのように注意していかなければならないのか、それぞれについて詳しくお話させていただきますね。

退職金を投資に回すのは危険です

投資金額を決めるとき60歳から投資をはじめる人が非常に危険があることをごぞんじですか?

その大きな原因が退職金です。

投資金額を決めるときすこし余裕がある金額をもとにはじめますが、退職金や在職中につみたてた貯金などまとまった金額が手元にあるとそれを利用してしまうことが多いのです。

まとまった金額は気持ちを大きくしてしまう

退職金は老後に使うから大事にとっておくわよ。

おそらく多くの方はそう答えるかもしれません。

ですが退職金を投資につぎ込んで大きな損をしてしまいほとんど無くなってしまったと、後悔する人が少なくないのも事実です。

テレビで年金の特集番組などをみて、インタビューされた中で退職金を株でなくなったとか聞いたことありませんか?

これには大きな落とし穴があります。

・きもちが大きくなってしまう
・投資のリスクに目がいかなくなってしまう
・大きく投資をするとより多くの配当金がもらえると考えてしまう

50万円投資をしたら1万円の配当がついた。じゃあもう50万円投資を増やしたら2万円になるだろう。

こう考えると退職金という大きな金額がより多く投資をするきっかけを作ってしまうのです。

投資がうまく行っているときはいいですが、いつ損をしてしまうかわかりません。気がついたらあっという間になくなってしまったと頭を抱えることになってしまうのです。

ライフ・マネーをみさだめる

退職金を失うということのないように最初にライフ・マネーをしっかりと確認しましょう。

年金がいくらぐらいもらえるのか、また住宅ローンなどの借入金がいくらくらいあるのかを知ることが大事です。

そのあとに退職金や貯金などでどの程度生活費がまかなえるかなどを考えて、そこから投資金額を検討するのがよいでしょう。

ただ一人で調べていくにもなかなか大変ですので、ファイナンシャルプランナーの方に相談するのがいいですね。

相談するときは老後のライフプランと投資のジャンルに詳しい方にお願いしましょう。

日本FP協会のホームページはこちらからどうぞ

そのほかにも証券会社の窓口でファイナンシャルプランナーの資格を持った方にライフ・マネーの相談をするのもいいかもしれません。

ただこちらは自社製品をすすめられることもありますので、考えて相談するようにしてください。

このようにライフ・マネーをしっておくと、退職金などのまとまったお金をいくらぐらいなら投資にまわせるかということも、判断できるようになりますね。

株などのハイリスク・ハイリターンに投資をする

60歳からの投資でもう一つの大きな特徴ですが短期間で結果を出したいということです。

若い時ですと老後のためというと20年や30年といった長期をみつめた投資の仕方や商品など選べる選択肢がありますが、60歳からでは正直早くふやしていきたいという気持ちになります。

退職してから年金が出るまでのあいだ支出ばかりで怖い

月々の生活に必要な金額がすぐ欲しいから多少のリスクはあってもハイリターンをねらいたい

このように気持ちがあせるためか多少のハイリスク・ハイリターンの株に投資をするというケースもよく聞きます。

株に投資をするには多少のまとまった金が必要になりますが、上記でも書きましたが退職金というものがあるので株を買って数ヶ月で結果を求めてしまいやすいという気持ちにおちいりやすいのです。

投資信託は初心者向けと言われていますが少し時間がかかることから、株に投資をしようと考えるようですね。

そこで株の投資はハイリスク・ハイリターンがありますので、株主優待を目的としたものはいかがでしょうか。

以前ほどではないとしても株主優待を目的とした株の投資はなかなか魅力的です。

短期間でもうけたいという焦り

年金が出るまでの無収入生活の不安

60歳で定年を迎えると65歳で年金がでるまでのあいだ、収入がない生活が待っています。

再就職などを考えていらっしゃると思いますが、そう簡単にいかないのも現状で、それだけに投資の結果が少しでも早く望んでしまうのは仕方がないことだと思います。

そのため少しでも良い結果がでたら増額をしたり、投資のよい話を聞いたらとびついたりと、その結果失敗してしまう話はよく聞きます。

これも60歳代から投資を始める方の心理としては仕方がないことなのでしょう。

ですが損をした場合、もう収入がないので補填することができないのでとても怖いことなのです。

リスク分散と配当金の受け取りかた

あせる気持ちを和らげる方法に次の2つの方法を考えてみてはいかがでしょうか。

・投資を分散させる
・投資信託の配当金をインデックス型にする

<投資を分散させる>

たくさんの投資商品がありますが、1つの商品に大きな金額をかけるのではなく、小分けに投資するのも良いかと思います。

投資金額が少ないと、経過があまり良くないなと思ったときすぐに売りに出しやすい気持ちになります。

逆に投資金額が大きいと、損をしているときに「なんとか挽回するまで」と持っていて、結局大きな損へとなってしまうのです。

はーしぇ

投資は損をしているときに、見切りをつけるタイミングがとても大事なのです。

また分散させておくと、急なお金が必要になったときに解約しやすいです。

< 投資信託の配当金をインデックス型にする >

投資信託を買うときに配当金の受け取り方が2種類あります。

配当金を再投資する方法と受け取る方法です。

投資しているので少しでもふやすためには、再投資をする方法を選ぶのが良いのですが、この場合ふえている実感が数字の上でしか感じられないのです。

そこで配当金を受けとるという方法にするとふえている実感があって、心理的に良いともされています。

はーしぇ

私も再投資をする方法と、受けとる方法の両方持っています。受け取った配当金で家電とかを購入して役立てたりしています。

証券会社のひとにまかせきりになる

いま60歳代のかたは投資に不慣れ方が多いのではないでしょうか。そのため証券会社の窓口で相談をする人が多いようです。

証券会社の窓口ではライフプランニングサービスといって、現在の資産の聞き取りをして本人の希望をもとによりよい運用の仕方などをトータル的にアドバイスをしてくれるサービスがあります。

初心者にとっては実際に数字で表された資料をもとに説明をしてくれますし、わからないことや質問などその場で対応してくれますので相談しやすいというメリットがあります。

ただここで気をつけたいのが運用の説明のときに、自社の投資商品を進められることになります。

もちろん意見として聞いてみるのは良いのですが、なんとなくいいかなという安易な気持ちで投資を始めることにならないように気をつけたいです。

とくに初心者にとって投資をするときに手数料や税金がかかることを知らないままでいたり、他の商品との比較などをすることなくすすめられるままでいると、あとで悔やむことになります。

また窓口で進められたから大丈夫といった安心感みたいなところから、預けっぱなしで気がついたら損をしていたということもよくあります。

投資は情報と日々の勉強が大事ですので、任せきりにしないでどんどん情報を集めながら運用していくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

長い年月をかけて蓄えた貯金や、がんばって働いたあとの退職金を上手に投資に活用するために気をつけていただきたいことを、お話させていただきました。

・退職金を投資にまわすのは危険。
 →マネープランをしっかり立てて投資にまわしすぎないようにしましょう。
・ハイリスク・ハイリターンに手をだす。
 →株などは株主優待などを利用したり、リスクの少ない投資商品を検討しましょう。
・短期間でもうけたいという焦り。
 →リスクを分散させたり、配当金をインデックス型にして焦りを解消しましょう。
・証券会社の人にまかせきりになる。
 →日ごろの情報収集をしたり担当者との連絡をこまめにするようにしましょう。

老後の生活を守るためにも投資をすることは必要なことでしょう。そしてたくさんの投資の本や動画などさまざまな方法で勉強されることと思います。

ただその情報は若い方が20年~30年後の老後を考えての投資となりますので、60歳代なりのおかれた状況を忘れずに考えていきたいですね。

はーしぇ

60歳からの投資はいろいろと注意しなければならないことがあります。ですが自分が気をつけることによって避けられるリスクがあります。老後の生活を守るためにもよりよい投資をしたいですね。

-投資運用
-, ,