自分のこと

「健康診断」PET検査の内容・費用はどれくらいかかるの?

はーしぇ

健康診断を毎年受けていますよ。

会社などの集団検診や市からの健康診断のすすめなどでうける健康診断には血液検査やバリウム、レントゲンなどがあります。そんな健康診断の中でがんを早期に発見できる「PET検査」があります。

はーしぇ

PET検査なんて聞いたことがないわ?

そこで今回はPET検査の内容と費用についてきていきたいと思います。

PET検査というものは何?

健康診断を受けるのが面倒という方は
・前日の食事などの制限が辛い
・健康診断の時間が取れない
・がんが心配だがどこまで調べられるかわからない

このような理由で健康診断を後回しにしてしまう方も多くいらっしゃるようです。

PET検査はがんを調べるための検査で一度に全身を調べることができます。ですから前日の食事制限をして翌日によく行う健康診断に加えてPET検査を行うと、がんの有無も合わせて調べることができます。通常健康診断は半日から1日がかりで行われますがPET検査を加えてもさほど変わらない時間で検査を行うことができます。

今までがん検診はそれぞれの部分ごとに病院や科を渡り歩いて診てもらう方法を行ってきました。確かに専門の科で診てもらうと詳しくわかりますが、予約をとってそのたびに食事などの制限を行い、また時間をかけるのはなかなか大変です。

そんな大変な健診を楽にできてしまうのがPET検査です。

PET検査の方法は?

それではPET検査の方法について説明していきたいと思います。

PET検査は次のような流れで行われます。

ブドウ糖を注射する

PET検査は ブドウ糖を注射で体内に入れ、それを体に巡らせることによってそのブドウ糖の分布を調べるというものです。がん細胞がブドウ糖を摂取するという性質を利用したもので、ブドウ糖(FDG)も放射性同位元素を組み込んだものになっています。注射は静脈注射になります。

安静にする

全身を調べることができるというのはここが理由となっています。ブドウ糖を注射によって体内に入れて時間をかけて全身に行き渡らせるため安静に待ちます。時間はだいたい1時間ほどと言われていますが場合によっては2時間ぐらいかかるときもあるそうです。

PETカメラで検査

PETカメラという機械(MRIのような感じの機器です)を使って状態を調べます。 この機械を使ってそれぞれの部位を巡っているブドウ糖の位置を映像としておこし、がんがある場所の特定をします。

時間にするとだいたい30分ほど寝たきりの状態です。痛みをともなうことがないので気持ちを楽にしてうけることができます。

以上の方法で行うことで全身のがんの状況を一度で把握することができるのです。

PFT検査を使うことのメリット・デメリット

PET検査って有能なの?

そこでPET検査のメリットとデメリットについて説明していきたいと思います。

メリット

一番のメリットは痛みを伴わずに全身の検査をわずかの時間で調べることができるということです。PET検査で「がん」がわかるのは1cmほどの大きさから認識できるそうです。この大きさだと早期の発見ということで治療もすぐに対応できるということです。さらに「がん細胞」の位置と大きさ、またどれぐらい「がん」が進行しているか確認することができます。

デメリット

もちろんデメリットもあります。食道や胃の検査についてはPET検査では正確なところが分かりづらいので、胃カメラでの検査をしたほうが正確にわかるということです。もちろんまったくわからないというわけではなく、身内に胃がんや食道がんにかかっているので心配という人にとっては胃カメラをすると安心だと先生に言われました。またブドウ糖を注射するので糖尿病の人は先生に相談してから行うことになります。

PET検査の費用はどれくらいかかるの?

PET検査は健康診断として受けるときは保険の適用外となります。病院によって多少の違いがありますが、大体10万円ほどかかるでしょう。検査料が高くても時間と安心を得るためにと利用されている人も多くいらしゃるようです。

私は5年おきに検査をしていて、その間はPET検査貯金をしています。

ただPET検査を受けて保険が適用されたという方がいらっしゃると思いますが、その場合は治療を目的として行ったためです(2010年4月から)。

健康診断をするにはかなり高額と言えると思いますが、全身を短時間でくまなく調べられて痛みも伴わずにできるので選択の1つとして検討しても良いと思います。特に高齢者にとって検査のために体に負担をかけるのも良くはないのではないでしょうか。

健康診断と早期発見が毎日の安心を届けてくれます。

  • 全身のがんを調べることができる。
  • 痛みがなく時間もさほどかからずできる。
  • 検査の結果が当日わかる。
  • 保険適用外のためお金がかかる。

健康診断を行うときは血液検査・レントゲン・胃のバリウム検査が主なところでしょうか。そこで異常が見つかった時再検査となりその間の不安感と言ったら悪い考えの方に行ってしまいがちです。私自身も子供が小さい時に再検査の通知を受けて、結果が出るまで何日も眠れない日が続きました。それ以来健康診断を受けることが怖くなり一度も受けませんでした。PET検査を知って実際に体験をすると体の負担がなく受けられ病院によってはすぐに先生の大まかな所見も聞くことができるので、検査を受けてよかったと思いました。金額はPET検査の他にもいろいろ見てもらったので正直高額でした。でも安心感をもらい毎日楽しく日々を過ごせることには代えがたいものだと思います。

-自分のこと
-,