子供との出来事

教育資金が足りない。そんな時利用したい制度は?

教育資金はお子さんが小さいときからコツコツと貯金をしていると思います。それでも高校・大学となっていくと負担が大きくなりどうしても日頃の貯金だけでは間に合わなくなり、頭を悩ませているご家庭も多いことでしょう。そこで教育資金が足りなくなった時にどのようにして対処していったらよいか調べてみました。

3つの方法が考えられます

教育資金が足りなくなった時に次の3つの方法を検討してみてはいかがでしょうか?

  • 奨学金
  • 金融機関の教育ローン
  • 祖父母からの援助

この他にも自治体の方で教育支援や相談などを行っていますが、小学生・中学生・高校生を対象に行なっていて大学の場合は上記の機関を利用することが多いです。

奨学金

はーしぇ

大学では多くの方が利用していて学生課などでも詳しく教えてくれます。

多くの方が利用している制度です。奨学金にはさまざまなところで行われていますが最も利用されているのはJASSO-日本学生機構です。今回はこの JASSO-日本学生機構 の制度についてご説明します。

奨学金には次の2種類があります。
・給付奨学金(返済不要)
・貸与奨学金(返済必要)
 ↪・第一種奨学金(無利子)
  ・第二種奨学金(有利子)

それぞれ奨学金を受けるには審査があります。特に給付奨学金は審査が厳しいと言われ対象となる人数も少ないようです。多くのお子さんは貸与奨学金の第二種奨学金を申し込まれています。

この奨学金はお子さんの名前で申し込みをしますので返済はお子さんがするようになっています。

返済は大学卒業後返済開始となり、その時は JASSO-日本学生機構 より返済についての書類が送られてきます。

ただ近年大学卒業後就職ができない、就職できても返済金額が大きく毎月の負担が大変ということから、返済が滞る事例があげられています。奨学金を借りるときには返済のこともシュミレートしておくことをおすすめします。

奨学金の申込方法や借入限度額など詳しいことは
JASSO-日本学生機構 のホームページでご確認ください。

その他にも
・大学独自の奨学金制度
・民間企業の奨学金制度
・新聞奨学生制度
などがあります。

金融機関の教育ローン

ほとんどの金融機関で教育ローンを扱っています。

利用するときは給与振込口座を持っている、もしくはメインバンクとしている金融機関で教育ローンを組むのがおすすめのようです。

奨学金は親の名義で借りますので返済も親がすることになります。

金融機関の教育ローンは入学時のさまざまな準備による出費なども借りられる項目の中に含まれています。そのため合格通知がきたらすぐに金融機関の教育ローンで借り、入学後の生活には奨学金でという2つを併用して借りているご家庭もあるようです。

返済年数・金額や返済開始時期など自分にあった方法を選択できますので担当者とよく相談をして決めましょう。2月くらいから申し込みなどが多くなりますので事前に詳しい説明を受けておくと、あわてずスムーズに手続きができます。

祖父母からの援助

祖父母からお孫さんへ教育費の援助をしたいと声をかけてくれるケースもあります。また将来のためにとお孫さんの学資保険をかけてくれているといった話もよく耳にします。

ここで気になることは贈与税がかかるかどうかという点です。

国税庁のホームページより

平成25年4月1日から令和5年3月31日までの間に、30歳未満の方(以下「受贈者」といいます。)が、教育資金に充てるため、金融機関等との一定の契約に基づき、受贈者の直系尊属(祖父母など)から①信託受益権を取得した場合、②書面による贈与により取得した金銭を銀行等に預入をした場合又は③書面による贈与により取得した金銭等で証券会社等で有価証券を購入した場合(以下「教育資金口座の開設等」といいます。)には、その信託受益権等の価額のうち1,500万円までの金額に相当する部分の価額については、金融機関等の営業所等を経由して教育資金非課税申告書を提出することにより、受贈者の贈与税が非課税となります。

わかりやすく解説している動画をご紹介します。

円満相続税理士法人 橘 慶太 氏 ホームページはこちらです)

まとめ

・金利のことを考えると奨学金が利用しやすい。
・入学までの必要な部分を金融機関の教育ローンを利用して、あとは貯金を使うという方法もある。
・借りるときは返済のことも考える。
・祖父母に相談してみる。

大学卒業までの教育資金は本当に貯金をするのが大変です。でも親として金銭的な理由でお子さんの学ぶ機会を失なわせるのは辛いことです。上記のような制度や仕組みを無理のない範囲で利用してお子さんの教育資金に役立ててください。

-子供との出来事
-, , ,